現在の社会情勢を予見していたかのような鋭い歌詞とAkAchAkAによるTrip Hopを取り入れたダークで瞑想的なサウンドは唯一無二の輝きを放つ。

cover.jpg