本楽曲は9月にリリースされた「LUNA」のリミックス・バージョンで、NFTとしてリリースされたアカペラを使用して制作された。

リミックスを手がけたのは大阪在住のビートメイカー Toyopita Which。
彼が得意とするメロウネス溢れるTrap Soul系トラックはその名もSpace Opera Remixと題されており、Mr. Japlyn制作の原曲とはまた違う魅力を放っている。