レゲエZION(レゲエザイオン)【REGGAE専門音楽・ニュース配信サイト】

チケット,レゲエZION,REGGAEZION
2019.11.6

【祝40周年】名曲の宝庫 VP RECORDSセレクション DANCEHALL編 by レゲエZION編集長

facebook
 

f:id:RZ_TEST:20191105172713j:plain

VP RECORDSと言えばSEXYギャルたちがジャケットを飾る「REGGAE GOLD」!私は、あのジャケットにダンスホールのヴィジュアル・イメージが全て詰まっていると思ってます。新旧ダンスホールのスターたちの楽曲を紹介。

 

1.) ♪ Wayne Wonder / Saddest Day

レコードを買い始めた16才の時、札幌で通販営業をしていたロッカーズアイランドでよく買っていた。毎週紙封筒で送られてくる手書きの最新リリースリストがとにかく楽しみで母親からリストが送られてる、と聞いた日はいち早く家に帰った。

ジャマイカのサウンドシステムのカセットテープを聴き出したのもこの頃で、あるテープに大好きな歌があった。曲名が分からないからスタッフの確かRiriさん?に「女性なんだけどこれ何の曲ですか?」とライブ音を電話越しに聞かせたら「これ、男ですよー!」って返ってきて赤面した思い出の曲。

今でもWayne Wonderの中で一番はこれ。ちなみに二番はNo Letting Go。

 
2.) ♪ Richie Stephens feat. Bounty Killer / Maniac

 この曲を聴くと90年代後半に東京を拠点に活躍していたサウンドChelseaを思い出す。このManiacと同リディムの一連をChelseaのセレクターSpicyがリミックスし公式に7インチでリリースされた時は凄いな!と思ったし、この曲は彼らのアンセムだと思ってた。

当時 飛ぶ鳥を落とす勢いのMighty Crownを招いて新宿Kingstonで行われた2サウンドダンス「Makin History(うる覚え)」は今でも脳裏に焼き付いている。とにかく当時関東ではこの2サウンドが人気だった。

また、のちに実家にあった映画「フラッシュダンス」のサントラのレコードを聴き、この曲がカバーだと知る。一時期ヤフオクとかで7インチのレコード盤が1万円ぐらいしてたし特に日本では大人気の曲!

 
3.) ♪ Mr Vegas / Raging Bull

ジャマイカアーティストのライブを見た数は決して多くないが、今まで観たショーの中でダンスホール編第1位が、2008年に横浜スタジアムのレゲエ祭で観たミスターヴェガス。(レゲエ編第1位は2001年にトロントで観たルチアーノ)

あのステージ上のヴェガスはとにかくエネルギッシュで何を歌っても盛り上げる最強の確変状態。あるビデオでニンジャマンが歌わずにドヤ顔で盛り上げる姿を観た事があるけど、同じように、ドヤ顔&たたずまいだけで盛り上げる瞬間を初めて目の当たりにした。

 

4.) ♪ Beenie Man / World Dance

静岡の話。16歳の時、サッカー部を早々に辞めて夜遊びの道へ。静岡市の繁華街にある小さなクラブ「ナンバー3」でレゲエや夜遊びを覚えた。
地元のKING LIONってサウンドが好きで、当時流行っていたStone LoveのRory風なMCをするDeebeeに憧れてた。横浜からKING WEAPONが来たこともあった。当時まだギャングスタなルックスのPAPA U-Geeが朝方に青葉公園で弾き語りしてくれたのも良い思い出。

初めて男のレゲエダンスを観たのもこのナンバー3。自分が好きだった女子高生にちょっかい出してくる20代後半の嫌な奴が居て、そいつがカッコいいダンスをよくきめてた。そのダンスがこのBeenie Manの曲にもなってるWorld Dance。当時1人で家で練習したなー笑。

 
5.) ♪ Voice Mail / Wacky Dip

レゲエレコードディストリビューターRikkco International時代。社長のリッキーさんはMentalってイベントを毎年のようにやっていて、Taxi Hifi とMighty Crownの伝説のクラッシュも同タイトルでやってたし、来日イベントもよくやっていた。若かれし日のVybz Kartelも呼んでいる。
そして、私が働いていた時の2005年のVoice Mailの来日が最後のMentalだったと思う。懐かしの六本木ヴェルファーレで開催。このタイミングでVoice Mailはポニーキャニオンから日本デビューも飾りとにかくイケイケだった。
ショー開始直前に何だかステージ裏で揉めて、出る?出ない?と、ハラハラドキドキだったの覚えてる。後日メンバーのオニールが銃弾に倒れたニュースは本当にショックだった。
 
6.) ♪ Jigsy King & Tony Curtis / Real Thing

高校2年の時、静岡から東京へレゲエ一人旅に出た。お目当は西麻布のクラジャマへ行くこと。全然場所を探せなくて近辺のお店屋さんに尋ねてようやくたどり着いた。そこで、これは見つけられないはずだ、と、納得。なぜなら看板がない。。ガラス扉にフライヤー一枚。(後にネオン看板付いたけど。)
初めて扉を開けた時の衝撃は忘れない。決して大きいと言えないスペースの際にみっちり積まれたサウンドシステム。看板ないし一見さんお断りの雰囲気。
ダンスが熱くなれば、イケてるお兄さんお姉さんがライター片手にジャマイカナイズなダンスを踊り、カウンターに立ったり、壁を叩く者も。。ここはジャマイカ、か、と、全てが衝撃。私は関西の大学を受験しようとしてたが、この時、東京に行こう、と決めた。
で、この当時クラジャマで盛り上がった鉄板がこの曲。
 
7.) ♪ Bounty Killer / King Addies Multi Mega Death Mix

影響を受けた海外のサウンドはNYのKING ADDIES。JAROもBASS ODYSSEYも好きだけど、やっぱりADDIES。
ベビーフェイスとトニーマタランが参加してた頃までが好き。更に昔のベビーフェイス+ダニードレッド時代のカセットも擦り切れるまで聴き倒した。

中学の時、ヒップホップからレゲエにいった私にとってADDIESがプレイするフージーズやレイ・クヲン(ウータンクラン)のダブは衝撃的だった。ヒップホップアーティストのDUBPLATEは今では珍しくないけど、ADDIESはその先駆けだったと思う。

今回紹介するのはVP RECORDSのBOUNTY KILLERのベスト盤に収録、ADDIESファンなら誰もが知ってる人気DUBPLATE。

 

8.) ♪ Home T, Cocoa Tea & Shabba Ranks / Pirate's Amthem

2011年横浜スタジアムのレゲエ祭。シャバとココティーの奇跡の共演、生で「Pirates Anthem」を観れたのは一生涯の思い出。この曲は歌詞を知る前から好きですが、「Just because we play what the people want(俺たちはただみんなの好きな曲をかけてるだけだぜ!)」の歌詞を知って更に好きなった。

もちろん、権利問題あるし、海賊放送は全然OKな話ではないけれど、まずはリスナーやエンドユーザーが何を欲してるかが一番大事と言う視点はビジネスとしても常に大事にしなきゃ!と身を引き締められる名曲です。

 

9.) ♪ Elephant Man / Pon de river Pon de Bank



2002年~2003年のトロント在住時。カリビアンコミュニティで目にしたジャマイカの新聞、STAR誌の表紙に、なんか日本人が載っている。。!「日本人がやった!優勝!」て感じで、JUNKOがDANCEHALL QUEENに輝いた記事が掲載されていたのだ、しかも表1!私はDANCEHALL QUEENコンテストがその時期にジャマイカであった事も知らなかったから、不意をつかれた。そして、同じ日本人としてとても誇りに感じた。

その後、彼女はスター街道をまっしぐらで、このミュージックビデオにも出演!今でもプレイされれば皆が踊りだすモンスターヒット!
 
10.) ♪ Beenie Man feat. Mya / Girls Dem Sugar

ヒップホップがマジョリティだとすると、レゲエがマイノリティ。ヒップホップのシーンに対しては、ライバル視していた一方で憧れもあり、その裏でレゲエのマイノリティである事の心地よさやプライドを感じていた。渋谷でヒップホップのレコードブーム全盛期の時も大多数が持つ12インチのレコード袋に対して、俺は7インチのレコード袋やし!みたいな。。

ただ、ダンスホールがヒップホップDJにプレイされたり、ヒップホップやR&Bとのコラボは嬉しい。結局、ヒップホップの力をお借りする訳だが、ヒップホップファンや世界中のオールジャンルリスナーに対してレゲエっスゲえカッコいいんだぜ、って言える機会だし。
そんな中でこの一曲。ヒップホップの箱でもかかってたし好きな一曲。

 

 
 
<関連記事>

 

 

               

f:id:RZ_TEST:20190912125957p:plain

【レゲエZION編集長】

レゲエを聴き始めたのは中3。地元静岡の「洋盤屋」や、当時北海道で通販営業をしていた「ROCKERS ISLAND」でレコードを収集しはじめる。大学進学と共に上京。下北沢「ラックストンレコード」などのレコード屋や現場でレゲエを勉強。一時セレクターを夢見るが挫折。裏方で生きること決め、レゲエレコードのディストリビューターで経験を積み、2008年「レゲエZION」参画。




twitterfacebookinstagramLINELINE
レゲエZION(レゲエザイオン)
【REGGAE専門音楽配信・ニュースサイト】
©Mediado
このマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。[RIAJ50002004]
著作権管理団体許諾番号
[JASRAC]
9008583159Y55005 9008583140Y30005
[NexTone]
ID000002422 ID000002418