レゲエZION(レゲエザイオン)【REGGAE専門音楽・ニュース配信サイト】

チケット,レゲエZION,REGGAEZION
2019.11.29

Japanese Playlist by Fujiyama Sound

facebook

f:id:RZ_TEST:20191111152116j:plain

今年で結成25年を迎えた日本を代表するレゲエ・サウンドFUJIYAMA SOUND 。12月7日に開催される彼らのアニバーサリー・ファイナルダンス『GRAND MARKET』に出演する豪華アーティスト達の名曲をFUJIYAMA SOUNDが厳選してご紹介。

1.) ♪ ACKEE&SALTFISH - GO THRU

地元愛知県のDEEJAYと言ったらACKEE&SALTFISH(アキー&ソルトフィッシュ)。昔から国内問わず色んな事を教えてもらい、FUJIYAMA SIOUNDも25周年までGO THRUできました!
2.) ♪ ACKEE&SALTFISH - BURN DOWN BABYLON

1stアルバム「NUH TEK BACK」収録のBIG TUNE!この曲はREBEL MUSICの在り方をパトワと日本語で伝え、聞くと気合が入ります!

3.) ♪ NANJA MAN - BORN JAPANESE


FUJIYAMA SOUNDもDUBを所有するNANJA MANの代表曲。世界を見渡せばまた違う景色や思いが生まれる。世界に飛び出せ日本人!

4.) ♪ NANJA MAN - TSURE-つれ-

NANJA MANの人間性が溢れ出たみんなが共感できる一曲!まさにJAPANESE REGGAE CLASSIC。失敗してもやらかしてもツレは一生ツレでいたい。

5.) ♪ RUDEBWOY FACE - DAGGER

FUJIYAMA SOUNDとは現場やDUB録音で長きに渡りLINKのあるRUDEBWOY FACEの最新EPのリード曲。フロー、リリック、RIDDIMががっちりはまった、特にSOUND SYSTEMで聴いたときに衝撃を受けた1曲

6.) ♪ RUDEBWOY FACE - ICE PICK

RAGGAを熱くさせるまさにリリカルギャングスター!この曲が出た時の衝撃は計り知れませんでした。25周年ダンス『GRAND MARKET』当日はKILLA NAMIと繰り出す変幻自在のステージを披露してくれるでしょう。

7.) ♪ G2 - LETTER~おかんに送る音の手紙~

FUJIYAMA SOUNDと同じ東海地方で一緒に切磋琢磨した岐阜のDEEJAY、G2。JAPANESE REGGAEのMAMA TUNEの代表作。彼の代表曲である1曲。

8.) ♪ G2 - 日本のお父さん

3rdアルバム「NEVER ENDING ROAD」からのリード曲。毎日頑張ってるお父さんへの応援歌。素直なメッセージがすっと入ってくるGOOD TUNE。同じステージセットを2度見た事ない縦横無尽の彼のステージをお見逃しなく!

9.) ♪ BES - ずっと

FUJIYAMA SOUNDとはBESの活動当初から交流がある、大阪堺市出身のレゲエ・シンガー。ストレートに伝える真摯なメッセージが心を揺さぶり、感動を誘うこと間違いない一曲。

10.) ♪ BES - STORY

GRAND MARKET』の出演者の中で唯一シンガーのBES。色気があり、伸びのある歌声が魅了する彼の代表曲!この曲のようにそれぞれのSTORYも思い描いてもらいたい。

11.) ♪ CHEHON - YELLOW BAD MAN

FUJIYAMA SOUNDとはJAMAICAで長期滞在中に共にサバイブしたCHEHON。自分達も何度もこの曲に助けられました。JAMAICAでの音楽基盤を崩さない彼の力強く、熱いメッセージが込められた一曲。

12.) ♪ CHEHON - MICHI NO TOCHU

キャッチーなメロディとスキル、韻の踏み方は現場至上主義で培ったCHEHONの武器!この曲はその全てが揃った一曲!25周年経った今でも道の途中にいるFUJIYAMA SOUNDにふさわしい曲。目指せ山のてっぺんに!

13.) ♪ APOLLO - APOLLO STYLE

GRAND MARKET』に唯一出演する、平成生まれのアーティスト得意の早口を披露される彼の代表曲とも言える曲。LIVEではもっとVIBESが上がること間違いなし!
14.) ♪ APOLLO - DO ROAD

この曲はFUJIYAMA SOUNDがJAMAICAから長期滞在から帰ってきた時に行なった『DO ROAD TOUR』に刺激を受け、書いた曲と本人から聞いています。12月7日は家に閉じこもってないでFUJIYAMAの25周年イベントにDO ROAD!



【REGGAE ZIONよりチケット発売中!】

12月7日(土)開催!FUJIYAMA SOUND 25周年 超豪華アニバーサリー・ダンス『GRAND MARKET』で当日は盛大にお祝いしよう!
f:id:RZ_TEST:20191108121137j:plain

f:id:RZ_TEST:20191111143223j:plain

【FUJIYAMA SOUND】

1994年に愛知県は三河にてUru(deejay)・Ruff(mc)・Aki(selector)が『FUJIYAMA The Earthly Vibes』を結成。地元を中心に活動を続けるうちにDeeJayやSelectorが集まり仲間が増え、1997年に初代SOUND SYSTEMを製作。 本場JAMAICAの野外DANCEに衝撃を受け試行錯誤の中、初めて製作した初代SOUND SYSTEMは見た目も音もクオリティーが高かったとは言えないが、Tuffな音を出し、野外DANCEが殆どなかったこの時代に田舎の音楽文化の基盤を創る上で十分な働きをした。その後、2003年にSOUND SYSTEMをフルリニューアル。この歴史あるSOUND SYSTEMが一番活躍しているのが1998年から今も続く野外DANCE「やすらげん」である。25年という長い歴史の中で世代交代や新加入もあり現在の中心メンバーはAcura(mc/selector), Kidd(selector), Stronger(mc/selector), Stamp(mc/selector), Kully(engineer), そして、全てのFUJIYAMA Familyで成り立っている。AcuraとKiddは2008年より本格的に活動拠点をJAMAICAへ移し現地で活動を続け、数々の世界的BIG SOUNDと共演したり、田舎を中心にLocalのDanceに出演。その模様はLIVE CD「LIVE & LIVE」シリーズで確認する事が出来る。2012年夏AcuraとKiddは長期JAMAICA生活を終え日本に帰国し『FUJIYAMA DO ROAD TOUR 2012』を敢行!「やすらげん」を筆頭に2ヶ月半で全国30カ所以上を周り、その存在感あるPlayで一気に全国に名を轟かせた。2015年には交友の深いBASS ODYSSEYを4年振りに日本に招き全国10カ所を駆け巡るJAPAN TOURを無事に成功させる。2016年8月にはJAMAICAで開催されたJAMAICA最大のSOUND FESTに日本代表として出場し、会場を大いに盛り上げた。同年10月には横浜で開催された初の国際的SOUND CLASH JAPAN RUMBLEで見事優勝を果たし、2017年にTORONTOで行われるWORLD CLASHへの切符を手にし、初の海外でのSOUND CLASHで惜しくも負けはしたものの全世界にFUJIYAMAの名を知らしめた。その後、海外でのBOOKINGSも増え、2018年11月にはGERMANYで開催されたSOUND CLASH WHO RUN THE WORLDで初のヨーロッパのCLASH参戦。敵地にも関わらず見事優勝を果たし初の海外タイトルを奪取。2019年にStampが加入。現在もMix CDなどをリリースしながら、日本と海外を股に掛け、更なる高みを目指し世界に挑戦している。今も進化し続けるFUJIYAMA SOUND!

是非現場で体感してもらいたい!That's why we seh DO ROAD!!

<関連記事>





twitterfacebookinstagramLINELINE
レゲエZION(レゲエザイオン)
【REGGAE専門音楽配信・ニュースサイト】
©Mediado
このマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。[RIAJ50002004]
著作権管理団体許諾番号
[JASRAC]
9008583159Y55005 9008583140Y30005
[NexTone]
ID000002422 ID000002418