レゲエZION(レゲエザイオン)【REGGAE専門音楽・ニュース配信サイト】

2020.4.1

【アキソル好きは大体友達】Zeebraが週刊誌でジャマイカ名産の野菜を紹介する

facebook

f:id:RZ_TEST:20200330101611p:plain


90年代よりシーンの最前線を走る、偉大なるヒップホップアクティビスト・Zeebra。

実は“RASTA”の思想に感銘を受け、20年以上前からベジタリアンであることはご存知であろうか? そんな氏が週刊誌『AERA』で連載中の『多彩な野菜 by Zeebra』がこの度最終回を迎えたのだが、シリーズ最後はジャマイカ名産の野菜“アキ”が紹介された。

 

ヒップホップとレゲエは兄弟のようなジャンルなので、色々と勉強していたころ、文献の中に出てきたんです。なかなか出会えなくて、ロサンゼルスのジャマイカ料理店で初めて食べたらこれがまぁ、うまかった。一緒に炒めた魚の旨みが染みていて、味も食感もほかに例えようがないんです。

 

多彩な野菜』より
 

 

アキの実はジャマイカの名物料理である『アキ&ソルトフィッシュ』で使われるもの。レゲエ好きには好きな方も多いだろう。

 

Zeebra氏といえば“悪そうな奴は大体友達”という、誰もが知るあの名パンチラインの生みの親でもあるが、実は同じくその『Greatful days』において“そこら中で幅きかすDON DADA(ダンダダ)”“JAHに無敵のマイク預かり”など、レゲエ用語を散りばめたライムを披露し、オリコン1位に輝いてる人物でもある(三木道三より先!)。

 

誰よりもレゲエミュージックとそのカルチャーを愛した偉大なるラッパー・Zeebra。

こんなアーティストがいる限りレゲエとヒップホップはいつまで経っても“兄弟”のままだろう。

 

 

 

<関連記事>


 

 




twitterfacebookinstagramLINELINE
レゲエZION(レゲエザイオン)
【REGGAE専門音楽配信・ニュースサイト】
©Mediado
このマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。[RIAJ50002004]
著作権管理団体許諾番号
[JASRAC]
9008583159Y55005 9008583140Y30005
[NexTone]
ID000002422 ID000002418