レゲエZION(レゲエザイオン)【REGGAE専門音楽・ニュース配信サイト】

2020.8.5

【話題沸騰】MEDZ初の日本語レゲエmix配信中!!

facebook

f:id:RZ_TEST:20200802171353p:plain


ジャマイカと日本を拠点に、世界的に活動するプロデューサー集団『MEDZ MUSIC』より日本語レゲエの楽曲のみを収録した最新ミックステープがDROPされた。

 

日本のTOPダンスホール・アーティストであり、日本語レゲエにも精通しているRUDEBWOY FACEが完全監修し、『MEDZ』の中心メンバー・BAD GYAL MARIEが制作。往年の名曲はもとより隠れた良曲もバランス良く網羅した一作となっている。

日本人縛りのmix作品は同クルー初の試みとあって、現在SNS上でも大きなバズを生んでいる真っ最中だ!!

 

既に公式アカウントより作品の解説動画もUPされているが、動画を補足する意味でも制作者であるBAD GYAL MARIEにいくつか質問を投げかけてみた。

多忙な中、熱心に回答してくれたことに心より感謝したい。

●そもそも今回の作品を制作しようと思った経緯は?

「ジャマイカが(世界的なコロナ禍により)鎖国になってしまって、日本に帰れなくなったmedzメンバーとルーボイとほぼ毎日会っていて、必然的に音楽を共に聴く時間が多くなったんです。一緒に音楽聴いてるとルーボイのレゲエ知識が凄くて。『このオケなんだっけ?』とか聞くとセレクターの私より詳しいし、アーティストもレーベルも全部覚えてて、“歩くレゲエ辞書”って皆で名付けたくらい(笑)。
zenda manも毎日一緒に遊んでいたんですが、ある日zendaとルーボイがジャパニーズレゲエの事を話してるのを聞いてたら、これがまるで先生と生徒のようで。そっからmedzのチャリが『こんな知識があるんだからミックス創ったら面白いんちゃうん』って言い出したのがキッカケ。私達世代には懐かしいし、zenda世代には新しいものになるかなと作ってみた感じです」


●10年以上ジャマイカに住み、現地のシーンでも確固たる地位を築いているが、そんな「BAD GYAL MARIE」から見た、“日本語レゲエ”の魅力とは?

「私がこんなにレゲエにハマったのは、ジャマイカのレゲエもだけど日本語レゲエの影響も凄く大きいです。10代の頃に日本語レゲエのカセットテープを聴いて、衝撃を受けたのを覚えてます。『レゲエってこんなストレートなメッセージなのか!!!』って。自分の考え方をストレートに歌にのせるカッコ良さ。そして下ネタもドストレート(笑)。 特に昔はオチがついた曲、というかここで盛り上げる!的なパンチラインがある曲が多くて、その斬新さにも喰らいました。
日本語レゲエは、なんというか、いい意味でサラっと聞き流せない良さがありますよね。物語に引き込まれて情景まで浮かんでしまったり、ハッとするような言葉選びがあって思わず共感したり、考えさせられたり。更に年々進化して“ジャパニーズレゲエ”という独特の存在になっているところも魅力だなと改めて思います」

正に「日本語レゲエ」の素晴らしさが凝縮されたような作品。

好きな人はもちろん、特にこのジャンルに興味のないような人にこそ是非とも聴いてもらいたい!!

 

MEDZ MUSIC

Instagram:@medzmusic_official

Facebook:@medzmusic876

 

RUDEBWOY FACE

Instagram:@rudebwoyface045

Twitter:@rudebwoyface

 

BAD GYAL MARIE

Instagram:@badgyalmarie

Twitter:@BADGYALMARIE

Facebook:@Marie Henry

 

※MEDZのオフィシャルストアでは無料ダウンロードも開放中!!

 




twitterfacebookinstagramLINELINE
レゲエZION(レゲエザイオン)
【REGGAE専門音楽配信・ニュースサイト】
©Mediado
このマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。[RIAJ50002004]
著作権管理団体許諾番号
[JASRAC]
9008583159Y55005 9008583140Y30005
[NexTone]
ID000002422 ID000002418